ePSXe2.0.5の初期設定で忘れがちな項目

はじめに

ePSXeは、恐らくもっとも有名な、プレイステーションエミュレーターだ。
WindowsとAndroid上で動作する。

最新のバージョンは2.0.5で、日本語にも標準で対応するようになった。
だが動作設定にやや気が付きにくい項目があり、そこを正しく設定しないとゲームが起動しないので注意が必要だ。

CPUオーバークロックを忘れずに設定する

その項目とは「CPUオーバークロック」で、「オプション」メニュー配下に存在する。
初期状態では何も選択されていないので、サブメニューから「x1」を選択しよう。
これでゲームが起動するようになる。

ちなみに、この値を「x1」以外にしてもゲームは起動する。
何も選ばないときのみ起動しないようだ。

なおこの値は、仮想プレイステーションのCPU速度の、実機に対する倍率を意味しているようだ。

「x4」などを選択すると、CPUがボトルネックになって動作が遅い部分が改善されて、ゲームによっては快適にプレイできるようになる場合もある。
逆にアクションゲームなどでは、反応が速くなりすぎて難易度が上がってしまうケースもあるだろう。

原作のテイストを味わいたい場合は、素直に「x1」を選択しておくのがおすすめだ。

なお、動作の確認はWindows版のePSXeで行っている。

ゲームを起動する

CPUオーバークロックを設定してから、ゲームCDやDVDを読み込ませると、ゲームが起動する。
以下は、「ドラゴンクエストⅦ」のCDを読み込ませた場合の例となる。

CDやDVDではなく、ISOイメージを読み込んでゲームを起動させることも可能だ。
中にはISOイメージを取り出せないようにしてあるゲームもあるようだが、たいていのゲームでは取得可能となっている。

このやり方だとゲームをプレイする際にメディアが不要となるので便利だ。
本稿ではISOイメージを取り出す方法には触れないが、いずれ別稿にてやり方を紹介したい。

まとめ

ePSXe 2.0.5 は、CPUオーバークロックの設定をしないとゲームが起動しない。
ゲームを起動する前に、CPUオーバークロックの設定をしよう。

「ePSXe2.0.5の初期設定で忘れがちな項目」への8件のフィードバック

  1. xbox360コントローラーを使用していますが、設定時に反応があったりなかったり、やっと設定できて、ゲームすると、上キーがずっと押されっぱなしになったり
    解決策ありますか?

    1. xboxコントローラーは持っていないので分からないです。お役に立てなくてすみません。

  2. コメント失礼します。
    ps1のbiosを吸い出す際はどのような手順で行いましたか?
    また使用した型番なども教えていただきたいです。

    1. すみません。コメント見落としていました。
      ePSXe2.0.5にはPSのbiosは「不要」です。
      ソフトを起動するだけで動作するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。