ヨドバシカメラの通販を試してみた

はじめに

僕は長いことAmazonの通販を利用してきた。
ずっと不満を感じることもなく使ってきたのだが、最近は少し様相が変わって来た。

徐々に納得いかない点が目につくようになってきたのだ。

そこで、Amazonに対抗するサービスとして、ヨドバシカメラの通販を試用してみることにした。

Amazonへの不満

一番の不満は、商品によっては送料がかかることだ。
特に安い小物を購入しようとすると、購入費と同じくらいの送料を取られる場合が多くて閉口する。

Amazonが最初に商売を始めたころのキャッチフレーズは、明確には覚えていないが「送料無料」ではなかったか?
昔はネット書籍販売店だったから、安価な取扱商品が増えた今と比べるのは酷な話なのかも知れないが、原点を思い出して欲しいとは思う。

送料に次ぐ不満は、聞いたこともないような中国メーカーの商品が、やたら増えたことだ。
安い場合が多いので、有難い面ももちろんある。
だが、品質の不安がぬぐい切れないので、Amazonにある程度の担保をして欲しいが、逆にそのような商品にはマーケットプレイスが多かったりする。

「合わせ買い対象商品」など、売り手側の都合で買い手に余計な負担を強いる商法も気に入らない。
例えば、絆創膏のような小物を買おうとすると、「注文額が2000円以上の場合、ご購入いただけます」などと勝手なことを言ってくることがある。
Amazonは問屋だったのか?それとも貧乏人には売らないと言うことか?

Amazonプライムに加入していても、商品によっては日時指定配送の対象外だったりすることもある。
日時指定配送ができるのはAmazonプライムの特典ではなかったのか?
これでは有料会員の意味がないではないか。

思いつくままに並べてみても、ざっとこれくらいの不満があるのだ。

ヨドバシカメラを試してみた

さて、そんな不満を抱えながらもAmazonプライム会員を続けていたのだが、今年くらいになって、ヨドバシカメラの配送サービスが一部で評判になっているということを知った。

サイトを確認すると、大きな字で全品送料無料と謳われている。
マーケットプレイスなどの、購入者の不安をよぎらせる文言も見当たらない。

ネット上の評判も上々のようだ。

ただし、トラブル時の対応はあまりよくないようで、二度とここは使わないなどの過激なコメントも散見された。

ヨドバシカメラのアカウントは持っているので、いくつかの商品を購入するシミュレーションをしてみた。
実際に購入はしないのだが、その直前まで進んでみて、Amazonとの違いを確認する目的だ。

すると、とくにプライム会員のような別料金を払うことなく、平常のサービスとして日時指定配送が可能であることが分かった。
しかも、指定可能なタイムゾーンがAmazonより広く、かつ早く届くことが多いのだ。

合わせ買い制度などもなさそうだし、これはなかなかどうして優れたサービスのようだ。

もっとも、品ぞろえは、ジャンルによるのかも知れないが、Amazonと比べると貧弱さを拭えないようだ。

検索のシステムにもバグがあるのか、シャンプーを検索したときに、「竹内まりや」や「乃木坂46」の音楽CDが表示されたのには驚かされた。

左側のメニューで、「ヘルス&ビューティー」というカテゴリーを選んでいるのだが、どうやら何度か検索をすると、カテゴリーが変わってしまうようだ。
CDが表示された時には、カテゴリーが音楽関連のカテゴリーに置き換わっていたのかも知れない。

それでもヨドバシカメラを使ってみた

これ以降の項は、2020年7月に追記したものとなる。

Amazonへの不満はあるものの、ヨドバシカメラへの不安も同じくらいあり、結局はAmazonを使い続けていたのだが、状況を一変させたのが2020年3月頃から本格化したコロナウイルス騒動によるマスク不足だ。

コンビニや薬局でマスクが買えなくなり、ネット通販での購入を考えたのだが、Amazonにおけるマスクの出品がほぼ聞いたこともないような中国と思われる国の業者で占められるようになったのだ。

ユーザーレビューは最悪に近いレベルで、最低の評価がたくさんついているのだが、アカウントを使い捨てにしているのか、やがてそのような評判の悪い業者は姿を消し、別の業者が新たに現れて同じような商品を販売するようになるのだ。

これはAmazonが悪質なのではなく、悪質な業者がAmazonのシステムを悪用しているだけなのだと思うが、利用者からすればそのような業者を排除しないAmazonへ不満の矛先は向いてしまう。

一方のヨドバシカメラは、そのような業者は皆無で、ユニ・チャームなどの国内でも有名なマスクメーカーや、聞いたことのないようなメーカーであっても少なくとも数か月前から販売しているような実績のある業者ばかりだった。

このような状況を目にしているうちに、「もうAmazonではなるべく購入しないようにしよう」という考えに傾くのは必然だった。

そのような経緯で、2020年3月頃から徐々にヨドバシカメラを利用するようになったのだ。

ヨドバシカメラを使ってみて

2020年7月現在の僕の評価は満点に近い。
送料は完全に無料だし、マーケットプレイスはないし、合わせ買い対象商品はないし、日時指定対象外商品もない。
Amazonに対して持っていたあらゆる不満がヨドバシカメラには一切ないのだ。

そしてこのシステムは、会員費ゼロで提供されるのだ。

さらに乾電池や絆創膏などの郵便ポストに入るような小物類を買った場合は、ポストに配達してもらうことを選ぶこともできるので便利だ。
何を買っても大きな箱に入って届けられるAmazonではこうはいかない。

Amazonだってたったの月額500円程度の安価なサービスじゃないかとずっと思ってきたが、月額0円でこれらのサービスが提供されるヨドバシカメラは本当に驚異だ。
今は宅配にAmazonを利用することはほぼなくなってしまった。

ただ、トラブル時の対応が良くないという評判を時折見かけるので、商品が届かなかったり、商品が壊れていたり、違う商品が届いたりしたときにどうなるのかはまだ不明だ。
幸いにもまだそのような事態になったことはないが、いずれトラブルは起こると思うので、その場合にどうなるのかは心配な要素として残っている。

ちなみに、Amazonのトラブル対応は満点だった。
実はこちらの落ち度で間違って違う商品を購入してしまい、開封までしてしまったことがあるのだが、何のペナルティーもなく返品を受け付けてくれた。

この場合、確か送料分は徴収されたと思うが、商品の代金は一切請求されることはなかったと記憶している。

まとめ

Amazonの宅配サービスの代替として、ヨドバシカメラを利用してみた。
利用開始から4か月ほど経過した段階では、満点に近い満足度となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。