Apple IDの不正取得を狙うスパムメールが来たら

はじめに

「Apple IDがロックされています。あなたの最近のアクセスアカウントにいくつか問題がありました。」 というようなタイトルのメールを受け取ったことはないだろうか。

タイトルには様々な亜種があり、一字一句この通りではないかも知れない。
だが内容は大同小異で、Apple IDに問題が生じたから修正が必要だとの理由で、別のサイトへの誘導を試みるという手法だ。

最初に結論を書くと、Apple IDに問題が生じたというのはほぼ虚偽だし、誘導先のサイトはフィッシング詐欺目的でAppleの公式サイトに似せて構築した危険な詐欺サイトである確率が高い。

メールのタイトルや差出人を見て危険に気づいたらそのメールを開いてはならないし、もし万が一開いてしまった場合は絶対にメール本文に書かれているリンクをクリックしてはならない。

実は僕は何度かメールを開いてしまったのだが、それなりにセキュリティ対策をしていればメールを開いただけで危険な目に合うことは滅多にないので、それ以上の行動に出なければ恐らく被害はない。
もしメールを開いてしまった場合は、早急にメールを閉じて削除してしまおう。

対策

メールの送信を防ぐことはできないので、対策は来たメールを無視すること以外にない。

迷惑メールフィルターを使えるプロバイダーやメールサービス業者を使っているなら、必ず迷惑メールフィルターの設定をした方がよい。
メールサービスによってはほぼ100%迷惑メールをブロックすることができる。

おすすめのメールサービスとしては、Gmailを挙げておく。
無料で使える上に、面倒な設定なしに受信トレイとは別のフォルダーに迷惑メールを自動で振り分けてくれる。
振り分けの精度は高く、迷惑メールをほぼ100%除外してくれる。
購読中のメールマガジンを迷惑メールと誤認するようなことも今のところは起きていない。

フィルターを設定しても迷惑メールが届く場合は、地道に削除をしていくしかない。
状況が深刻な場合は、上記のGmailのような迷惑メール対策が強力なメールサービスに移行することを検討しよう。

なぜこのようなメールが来るのか

残念ながら、メールが来るということはメールアドレスが知られているということだ。

メールアドレスが知られてしまう理由として考えられることは二つある。
一つは、よく使われる名前をメールアドレスに使用している場合だ。

akiとかhiroとかの本名の一部と思われる名前をメールアドレスに使っている人をしばしば見かけるが、これは迷惑メール業者にとっては格好の標的でしかない。
このような名前は人気が高いので取り合いになることが多いのだが、せっかく一番乗りを果たして名前を手に入れたところで、嬉しくないおまけもついてきてしまうというわけだ。

もう一つの理由はメールアドレスが流出しているケースで、こちらの方が状況は深刻だ。
僕の場合は、あるメールマガジンを解約した頃から今回の迷惑メールが届くようになった。

まさかとは思うのだが、そのメールマガジンを運営していた業者からメールアドレスが流出した可能性を疑わずにいられない。
有名な業者が運営しているメールマガジンなので、何かの間違いであってくれとは思うのだが、怪しい状況ではある。

メール文言のバリエーション

今回取り上げた「Apple ID詐欺」には実に様々なバリエーションがある。
全部同じ業者が送ってきているのか、別業者も含まれているのかは分からないが、手を変え品を変え騙そうとしてくるので気を付けなければならない。

タイトルの部分に限ってもこれだけのパターンがある。

・ Apple IDがロックされています。あなたの最近のアクセスアカウントにいくつか問題がありました。
・支払いの問題でApple IDがロックされました。
・あなたのApple IDには支払いの問題があります。すぐに修理をしてください。
・ご利用の Apple ID パスワードがリセットされました。
・私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました
・支払いの問題でAppleIDがロックされました。
・ご利用のApple IDがブラウザ上のiCloudへのサインインに使用されました
・ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました
・アカウントの更新:アカウントが制限されています
・[新しい声明] : Apple IDのメールアドレスを確認してください
・[RE]:アカウントはロックされています
・あなたのメールアドレスを確認してください。
・[お支払いの確認]: Appleからの領収書

内容はほとんどがApple IDの不正取得を狙ったものだが、下の2行はメールアドレスやクレジットカード番号の不正取得を狙っているようだ。

いずれにしても、付き合っていいことは何も起こらないので、このようなメールが来たら即座に削除してしまうのがよい。

まとめ

このようなメールが来たらすぐに削除してしまおう。
使っているプロバイダーやメールサービス業者が迷惑メールを除外するサービスをしている場合はそれを利用しよう。
無料で使えるメールサービスのGmailは、迷惑メールフィルターが強力でおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。