Windows 10 の原因不明のフリーズ対策

はじめに

Windows 10 ベースのPCは、意外にもフリーズすることがしばしばある。

電源を切るのを忘れて放置していると、いつの間にかフリーズしているケースが多いようだ。
しばらく放置していたPCのマウスを操作したら、いきなりフリーズしてしまったこともあった。

そのままにしていると致命的なことが起きかねないので、対策をいろいろと調べていたのだが、有力な情報を見つけたので紹介しておきたい。

どこまで信用できる情報なのかは厳密には不明なのだが、この対策を施して以降、フリーズが発生しなくなったことを申し添えておく。

高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップとは、PCの起動時間を短縮するために、メモリーや周辺機器などの情報をあらかじめ保存しておき、起動時にその情報を参照して起動を高速化する機能のようだ。

いかにも便利そうな機能だが、本来すべきことを省略して時間を短縮していると聞くと少し心配になる。

実際にとあるメーカーの公式サイトには、高速スタートアップを有効にした状態でPCの設定変更などを行うと、PCが起動しなくなる場合があるとの驚くべき警告が書かれている。

どうやら周辺機器の着脱や、PC の設定変更などをした後は、いったん高速スタートアップを無効にするのが安全なようだ。
また、特に起動時間が気にならない場合などは、高速スタートアップをずっと無効にしておいても良さそうだ。

さて、高速スタートアップを無効にする手順は以下の通りだ。

まずは「スタート」メニューから「設定」を選択しよう。

すると、以下のような設定画面が表示されるはずだ。
ここでは、左上にある「システム」を選択しよう。

続いて、左側のメニューから「電源とスリープ」を選択しよう。
さらに、画面の右側にある「電源の追加設定」を選択しよう。

すると、以下の電源オプションメニューが表示される。
ここでは、「電源ボタンの動作を選択する」を選択しよう。

続いて、以下の設定画面が表示される。
ここでは、「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択しよう。

すると、グレーアウトしていた画面下部のチェックボックスが操作可能となる。
ここで、「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外そう。

問題なければ、画面下部の「変更の保存」を押下して変更を確定しよう。

最後にPCを再起動すれば設定の変更は完了だ。

PCフリーズ時にしておくこと

予期しないタイミングでPCのフリーズが起きた場合、ファイルの破損などが発生していることがあるので注意したい。

念のために、最低限の対策はしておいた方が安心できる。
以下の別記事などを参考にして対応しておくことをおすすめする。

まとめ

Windows 10 で原因不明のフリーズが発生している場合、その対策案を紹介した。
具体的には、高速スタートアップを無効にする方法だ。

当方の環境ではこれでフリーズが発生しなくなっている。
試してみる価値はあるのではないだろうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。