Windows 10でBluetoothが消えてしまった場合の対応方法

はじめに

PCでBluetooth機器を使うのはごく一般的になってきた。
Bluetooth機器は配線が不要なので便利だが、有線の機器に比べると接続が安定しないなどの不安が付きまとうのも否めない。

勝手に機器との接続が切れてしまって、機器の電源を入れなおした経験がある人は多いだろう。
たいていの場合は、その操作でBluetooth機器との接続は復活する。

ところが、中には機器の電源を入れ直しても接続が復活しない場合もある。

最近遭遇した一番酷いケースでは、PC側のBluetooth設定が全て消えてしまったことがあった。

特に何かをした記憶はないのだが、PCからBluetooth機能そのものが消えてしまったのだ。
つまり、PC上であらゆるBluetooth機器が使えなくなってしまったのだ。

そのときは、ある操作を行うことによりBluetooth機能を復活させることができた。
ハードウェアの故障を疑う前に、まずは今回紹介するその方法を試してみることをおすすめする。

Bluetooth復活手順

手順は非常に簡単だ。
Shift キーを押しながらPCの電源をシャットダウンするだけだ。

もちろん機器のハードウェアが故障しているなどの場合にはこの方法では復活しないが、PC側の設定がおかしくなっている場合などにはかなりの確率で復活する。

シャットダウン完了後は、通常通りにPCの電源を入れ直すだけだ。それだけの操作で、使えなくなっていたBluetoothが何事もなく復活しているのだ。

具体的な操作方法

まずは、スタートメニューを表示させよう。
そのためには、Windows 10 の画面左下にあるウィンドウズのアイコンをクリックしよう。

すると、以下のようにウィンドウズアイコンの上部にメニューが表示される。
ここで、ウィンドウズアイコンの直上にある電源アイコンにカーソルを移動しよう。

すると、以下のように表示が変化するので、ここで「電源」を押下しよう。

すると、さらに表示が以下のように変化し、「電源」の直上にサブメニューが表示される。
ここで、キーボードの Shift キーを押下しながら、「シャットダウン」を押下しよう。

なお、たいていのキーボードには Shift キーが2つ存在するが、どちらの Shift キーを選んでも効果は同じようだ。

以上で、Bluetoothの復活手順は完了だ。
状況にもよるのだが、かなりの確率でBluetoothが復活する。

Bluetoothの設定が消えた状態とは

Bluetoothの復活手順は前項で終了だが、興味のある方向けに状況を確認する方法を紹介しておく。
Bluetoothが復活さえすればよいという方は、特に読まなくて構わない。

Bluetoothの状態は、実は画面最下部のタスクバーからいつでも簡単に確認することができる。
その方法とは、タスクバーの一番右にある「通知」のアイコンをクリックするだけだ。

このアイコンをクリックすると、以下のようなウィンドウが表示される。
これらのうち、赤枠で囲った箇所がBluetoothの状況を示している。

この例だと、2つのBluetooth機器へ接続している状況だ。

上図の のようなマークが表示されたエリアがあれば、Bluetoothは認識されている。

これが、例えば以下のような表示に変わっていたら、Bluetoothが認識されていないことになる。

特にBluetoothを削除した記憶がないのに上記の状態になった場合は、今回紹介した方法でBluetoothが復活する可能性が比較的高いと思われる。

まとめ

PCからBluetoothの設定が消えてしまった場合の対応について紹介した。
ハードウェアの故障を疑う前に、まずは今回紹介した Shift キーを押下しながらシャットダウンボタンを押下する方法を試してみることをおすすめする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。